様々な種類が!のぼり制作会社6選

Home > のぼりについて > 売り上げを伸ばす効果的なのぼりを作る方法

売り上げを伸ばす効果的なのぼりを作る方法

 車をよく運転する人なら、走行中、のぼりを目にして食事処に入ったり、ガソリンスタンドやショップなどに入った経験は必ずと言っていいほどあるはずです。
車でなくても道路を歩いていて、のぼりに惹かれてお店に入ったことのある人も多いでしょう。
それほどまでに風にたなびくのぼりの効果は絶大で、あるとないとでは大違いです。
街中でも観光地でも目にしないことはありませんが、商店の宣伝のためにはもはや欠かせない重要なツールです。
それは、カラフルな生地に大きな文字と写真などで、売りたいものをアピールするチラシ的な意味があるだけではありません。
ある面では看板と同じように店の装飾の一部としても機能し、またある面では口コミのように繁盛店のイメージを伝えるアイテムとしても機能します。
実際に売り上げアップと集客につなげる効果がありますので、たかがのぼり、されどのぼりですね。

 それではより集客に効果的なのぼりを作るにはどうしたらいいのでしょうか。
すでにどこでも見かけるようになっていますので、その中でもより人目を惹くデザインや色にする必要があります。
まず大事なのが、チラッと見ただけですぐに理解出来る短い言葉であることと、魅力を伝えるキャッチコピーがあることです。
食事処なのか甘味処なのか、食事処ならとんかつなのかしょうが焼きなのか、それらの必要要素が一目でわからなければのぼりはいけません。
本当は、言いたいことは沢山あるでしょう。
魅力もたくさんあるでしょう。
でも詰め込みすぎは読んでもらえず、目が滑ってしまう原因になります。
注目して欲しいものは何か、売り込みたいのは何なのか、まずはそれをシンプルに絞り込みましょう。
特にドライバーの目を惹きたいなら、通り過ぎる一瞬が勝負のすべてですから、その瞬間に心を奪う言葉と色を熟考してください。

 目を惹くなら、たくさんびっしり並べればいいのではと考えがちですよね。
でも実際には視認するのに最適な間隔があり、1800mmが最高に効果的な感覚だと言われています。
1800mmと言えば日本家屋で言う一間(いっけん)という長さですが、この感覚がもっとも効果的と言われると、日本人としてはなんとなく納得ですね。
のぼりを設置できる範囲は限られていますから、その長さを図って割り出せば、一番効果的で効率的な枚数を制作できます。
また、並べる時には全部が同じデザインではなく、2色を交互にするなど規則性のある変化を持たせるのも効果的だと言われています。
逆に、色は店舗のイメージカラーで統一して、言葉でバリエーションを持たせるという手法もあります。
各店舗が工夫を凝らしてのぼりを展示していますので、定期的にチェックして参考にするのもいいですね。

次の記事へ

カテゴリー

上へ戻る