様々な種類が!のぼり制作会社6選

Home > のぼりについて > どこよりも目立つオリジナルのぼり旗を作るには

どこよりも目立つオリジナルのぼり旗を作るには

 のぼり旗を作る以上は、どこよりも目立って人目を惹くものを作りたいですよね。
目にした人がどうしても気になって仕方がなくなるようなのぼり旗は、どのようにして作ればいいのでしょうか。
もちろん、既製品を使って並べても賑やかにはなりますし、ある程度は集客に貢献してくれるでしょう。
でも、自分たちの言いたい事、伝えたい魅力がそこに網羅されているデザインは、あり物の中にはないのが現実です。
オリジナルデザインを制作する時に特に気を付けるべきなのは、伝えたいことが多すぎて、どうしても情報過多になりがちな点です。
のぼり旗は、とにかく遠目に見てすぐに伝わることが重要。
車を運転している時でもすぐに気付いて、その店舗に車を誘導できるだけのわかりやすさが必要です。
もちろん数も必要ですが、何が書いてあるかわからないものが大量にあっても、そのまま素通りされてしまうのがオチでしょう。

 視認性を上げるために重要な要素は色です。
安全を守るために設置されている信号機を見てもわかるように、赤、青、黄色といったビビッドで分かりやすい色が一番高い視認性を持っています。
おそらく幹線道路沿いののぼり旗を見ても、だいたいが赤や黄色をベースにしているでしょう。
何かあるなと感じさせるには、やはりアピール度の高い色です。
ただし、この世にはすでに山ほどのぼり旗があり、他の店舗ののぼり旗と勝負をしなければならない時代です。
同じような色を使うなら、あえてまったく違う色でアピールするという方法もありますので、一概に言えませんね。
自社のカラーや店舗のイメージカラー、ロゴなどがあるなら、そのイメージを引っ張るのも良い手段です。
食べ物をアピールするならその食べ物を連想するカラーを用いるのも常套手段ですね。

 色はパッと目を惹くのに役立ちますが、肝心の伝えたいことはやはり文字で伝えなければいけません。
この時に、一瞬でわかるように端的で分かりやすい大きな文字でアピールするのが肝心です。
大昔からあるように、かき氷屋の「氷」の一文字、お茶屋の「茶」の一文字のように、認識しやすい漢字があるならそれもどんどん活用しましょう。
伝えるべきは、売りたい物、価格、季節限定などの特別情報です。
また、もちもちやカリカリといった、魅力あるイメージを伝える形容詞も有効です。
比較的近くの人にアピールするなら、魅力的に撮影した商品写真を使う手法も有効でしょう。
また、暗くなってからも営業しているなら、夜間でもちゃんと見えやすいかどうかもきちんと検証することをお勧めします。
透過性の高い素材を使って光を透けさせることで、周りの照明をうまく利用する手法もあります。

次の記事へ

カテゴリー

上へ戻る