女性は特に配慮が必要!ブラックフォーマルとは

ブラックフォーマルをご存知ですか?黒い礼服のことですが、着る場面によって注意が必要なものになります。特に女性は、慶事用と弔事用で種類があり、アクセサリー等も変える必要があります。ブラックフォーマルについてご説明しますので、参考にしてみてください。

ブラックフォーマルとは?

ブラックフォーマルとは、改まった装いのことで冠婚葬祭に適している服のことです。日常で着る服とは違う礼服のことで、色が黒のものをブラックフォーマルと呼んでいます。
男性のブラックフォーマルは、ネクタイを黒、白で分けることにより、冠婚葬祭の全てに使用することができます。慶事用や弔事用がなく、黒色のスーツが一般的です。女性の場合は、光沢、デザイン、付属品によって、弔事用で使用できず慶事でしか使用できないものがあるので注意が必要です。一般的には、通夜や葬儀、法事などの弔事で着る喪服のことを指すことが多いです。喪服では、光るものは避け、膝が見えない丈にするなどの配慮が必要です。また、結婚式などでブラックフォーマルのみで行くと喪服を連想させるので、ストールを羽織るなどの工夫が必要になってきます。

ブラックフォーマルの種類と質感

ブラックフォーマルには、正喪服、準喪服、略喪服などの種類があります。
正喪服とは、最も格式が高い装いです。葬式の際に、喪主や遺族などの主催者の立場にある人や、個人と縁が深い人が着用する喪服をいいます。準喪服とは、一般的な通夜、葬式、一周忌までの法事で着用するものです。略喪服とは、三回忌以降の法事や、急な弔問、通夜の時に着用します。「お別れ会」などの席にも向いていると言われています。
ブラックフォーマルは、素材が上質なもので出来ていて、仕立ても美しく、女性の場合は黒いスーツとはまた違います。お葬式などに使用する喪服、結婚式や入学式などのセレモニースーツなど、格式のあるブラックフォーマルは用意しておくとよさそうです。

ブラックフォーマルにあうアクセサリーとは?

ブラックフォーマルの時は、真珠のアクセサリーを合わせることが多いです。冠婚葬祭でよく使用されるのは、白の7mmから8mmほどの真珠を40cmほど繋いだ一連のネックレスです。通夜や葬式の際は、アクセサリーは必ず必要になりませんが、故人に敬意を表す意味で、白か黒の一連ネックレスが一般的に使われます。また、一粒のピアスやイヤリングを使用する方もいます。
通夜、葬式などでは、大きいサイズの真珠を使用したもの、二連や三連のネックレスは避けます。淡水パールなどのカジュアルなもの、真珠がぶら下がるタイプも避けるべきです。
結婚式や入学式などのセレモニーの場合は、二連、三連のネックレスの使用や羽織物で工夫をし、喪服を連想させないことが大事です。