ブラックフォーマルの正しい知識について

ブラックフォーマルという言葉を耳にしたことのある人も多いでしょう。しかし、具体的にブラックフォーマルはどのような服装を指すのか、きちんとした知識を持つ人は少ないかもしれません。意外と知られていない、ブラックフォーマルの基本的な知識についてご紹介します。

ブラックフォーマルとは何か

ブラックフォーマルとは、一般的に冠婚葬祭の時に着用する、黒い礼服を指す言葉として浸透しています。ブラックフォーマルは、様々な種類が販売されているのが特徴です。例えば色味が浅いものや、深い漆黒のものまで幅広いデザインが存在します。特に男性と比べ、女性用のブラックフォーマルは材質の幅が広いことも特徴です。軽いふんわりとした生地感のサテンやシフォンといったものから、刺繍が入ったものまで用意されているので、慶事用として着用する時には、幅広いバリエーションの中から自分の好みに合うものを選択することが出来ます。真珠などのアクセサリーを選ぶと、落ち着いた装いの中にもぱっと華やかな印象を演出することが出来るでしょう。

喪服との違いは?

どちらも黒い礼服として扱われる、ブラックフォーマルと喪服の違いを理解している人は少ないでしょう。ブラックフォーマルと喪服の違いは、基本的には色味や生地、またデザインという点が挙げられます。まず色味については、ブラックフォーマルは淡い色合いのものがあるのに対し、喪服は漆黒のものというのが一般的です。また、生地については、喪服は光沢のない黒無地を選ぶことがマナーといわれています。それに加えて、デザインにも違いが存在します。特に違いがわかりやすいのは女性用で、喪服は基本的に露出の少ないひざ下スカートが一般的といわれています。それに比べ、ブラックフォーマルはひざ上丈など、幅広いデザインが存在するのが特徴になります。

ブラックフォーマルを選ぶ時のポイント

ブラックフォーマルを選ぶ時のポイントとして挙げられるのは、まず一年を通して着回しが出来るという点でしょう。急な時にも対応できるよう、春夏秋冬どの季節にも対応できるデザインを選ぶことで、万が一の時に備えて安心出来ます。女性の場合はワンピースとジャケットがセットになっているものを選ぶのも良い選択です。慶事は、来客のもてなしや挨拶回りなど、意外と動き回る機会も多いものです。ワンピースはゆとりのある大きさを選ぶと、長時間の着用でもストレスが少ないでしょう。男性の場合には、年を問わずに着用できる、シンプルなデザインのものを購入しておくと失敗が少なくなります。中々買い替えることの少ない礼服だからこそ、シンプルで美しい装いを演出できる、自分のスタイルに合ったデザインを選ぶことが大切になります。